静岡県伊東市の岩崎建設株式会社です。住宅建築、別荘建築、店舗建築、リフォーム、バリアフリー対策など岩崎建設におまかせください。

ピアノを置いても大丈夫なんです。

ここ伊東市は今日は朝から雨です。

少し涼しくていいんですが、やはり雨は好きになれません。

こんな雨の日は、クラッシックなど聴きながらお部屋でのんびり・・・なんて、そんな素敵な趣味があればいいんですが。

でもピアノの音色は好きです。

 

私の子どもがピアノを習い始めたのは、小学校2年生の頃で今から16年ほど前の、我が家を建ててから2年後でした。

 

ピアノを置くことを想定していなかったので、一応ピアノのためにも床を補強した方がいいかもしれないと、ピアノの先生や弊社の上司からも言われ、万が一も考えて、床下から補強してもらうことにしました。(床下のピアノを置く部分に支えを付ける)その当時数万円かかりました。

 

 

今、弊社の提携した「夢ハウス」ですが、剛床工法というとても強い工法。

床剛性が一般在来工法の3.7倍もあるんです。

なのでピアノなど大きなものを置いても大丈夫。特別に補強することはありません。

 

我が家を建てた頃にも夢ハウスと提携していればなぁ、と個人的に思っています。

 

梅雨のじめじめ べたべた

東海地方もとうとう梅雨入りになり、今はここ伊東市も雨が本格的に降ってきました。

 

水不足になっても問題なので、有り難い雨なのかもしれませんが、どうもこの暗い空を見ていると気分も沈みがちに・・・(-_-;)

 

こんな梅雨時期に楽しめるもといったら何でしょう??

 

紫陽花の花を見に行ってみたり、ホタル観賞などでしょうか?(・∀・)

 

素敵な傘やレインブーツ、レインコートなどで、お洒落を楽しむのもいいかもしれないですね♪

 

梅雨時期によく使う除湿機。洗濯物も早く乾くようですね。

そこで、除湿機を使って洗濯物をなるべく早く乾かす工夫のほんの一例ですが☆

◎極力狭い部屋に干す

◎洗濯物と洗濯物の間を空ける。

◎壁寄りに干す。これは壁にカビが生えそうですが、除湿機の風が壁で跳ね返るので効率が良くなるそうです。

除湿機がない場合は扇風機の風をあてることで乾きが早くなり、あの嫌な匂いの防止にもなるそうです。

 

洗濯物の乾きずらさも嫌ですが、床のべたべたした感じも嫌ですよね~。あのべたべたは集成材だからなんです。(集成材とは挽き割った板材を接着剤で貼り合わせたもの)

 

天然無垢材の床なら木その物の呼吸により、べたつき感がありません。いつでも心地良い足触りです。

 

ただいま弊社では、夢ハウス提携キャンペーン中です。お得感がたっぷりあります。

 

じめじめした夏も、寒い冬も、1年中快適に暮らしたとお考えでしたら、弊社の夢ハウスで建て替えやリフォーム、新築なども是非ご検討してみてください(^ ^)

 

 

 

 

 

夢ハウス勉強会へ行ってきました!!

まだまだ奥が深い夢ハウス。

私ももっともっと、お客様に夢ハウスの良さを伝えたいし、もっともっと夢ハウスを知ってもらいたい。

 

そんな気持ちで勉強会に参加させてもらうことにしました。会場は新宿だったので朝7時の電車で出発。子どもが大学へ行ってからお弁当作りもなくなった私。久しぶりの5時起きでした(・∀・;)

 

無事に会場につき、楽しみにしていた勉強会が始まると、目の前には理科や生物の実験??と思えるようなビンやら木材やら・・・。

 

夢ハウスのつくば店、常務取締り役の片桐さんが講義を始めてくださいました。途中目の前の木材やらを使った実験も交えての講義です。木の良さがよく分かりました。

 

片桐さんともかく熱弁。どれだけ夢ハウスのスタッフの方々が夢ハウスを大切に思っているか、どれだけ自社のノウハウに自信があるのか、その講義からも伝わってきました。

 

当たり前なことかもしれませんが、基本的なことはお客様に不快感を与えないこと、そしてお客様に満足していただける家を作ること、それには自分達の意識を変えること、夢ハウスの建物なら必ず満足してもらえること、そういったことがよく分かりました

.φ(・∇・`〃 )

 

夢ハウスの建物は、徹底的に【木】に関して勉強したことでできたノウハウです。極限までと言えるほどに乾燥させた無垢材の強さ。適材適所に使い分けることで、より耐久性のある家ができること。日本の気候にあった家つくりです。

 

夢ハウスの良さは書き切れないほどです。少しずつでも皆さんに分かっていただけるようにお伝えしていきたいです(・∀・)

 

今回ノートにとったたくさんのことを、また更に勉強し直し頑張ります(。`・д・)

住宅ローン減税とすまいの給付金

消費税が上がったと言って、マイホームを諦めていませんか?

【住宅ローン減税の拡充】【すまいの給付金】があります。

【住宅ローン減税】とは・・・住宅ローンの1%を10年間所得税や住民税(一部)から引いてくれる制度。消費税引き上げによる負担を軽くするために減税の額が2倍に拡大されています。

これは確定申告によって戻ってきます。

新築でも中古住宅でも対象です。

 

例えばある年の住宅ローン残高が2000万円だとすると、その1%の20万円戻ってきます。

ローン残高はだんだん減っていくので、それに応じて戻る金額も変わっていきます。

所得税で控除しきれなかった分は住民税からも控除されます。

この制度は税金を多く支払っている人の方がお得ということになります。

 

そこで二つ目の政策が【すまいの給付金】です。                            特徴としては・・・

※住宅取得者に現金で給付(振込み)8%時は最大30万円

※年収が低い人ほど給付額が多くなる

※新築でも中古でもOK

給付金は登記上の持分をもっている人が対象です。例えばご主人と奥様が半分ずつで持分があるとすると、それぞれ別々に給付金がもらえます。

これは建物の金額などに関係なく、あくまでも収入に応じて受け取ることができます。

 

消費税8%の場合の給付基礎額

収入額の目安           給付基礎額

425万円以下            30万円

425万円超475万円以下     20万円

475万円超510円万以下     10万円

 

住宅ローン減税とすまいの給付金は、両方の制度を合わせて使うことができます。

是非マイホーム購入にお役立てください!!

 

第三者機関による保証付きリフォーム始めました。

弊社は株式会社 日本住宅保証検査機構式会社(略称JIO)と提携し、お家のリフォームを行った際に、第三者保証機関において検査を行い1年間~5年間の保証をお付けする、保証付きリフォームを始めました。

大切なお住まいに更なる安心を付与させていただく弊社の取り組みです。

詳しくは下記をご覧ください。

http://www.jio-kensa.co.jp/insurance/reform/common/pdf/default_09.pdf

 

喘息でお困りの方など、健康が気になる方

近頃良い天気が続いています。

外回りしていても気持ちが良い季節です。

でも5月は黄砂や花粉などの影響で、アレルギー反応が出てしまっている方

もまだまだ多いようですね。

これから梅雨に入るとカビやダニなどの原因で、アレルギー反応が出てしまう方

もいらっしゃると思います。

 

弊社では、そんなアレルギー反応が出にくい天然無垢材を使っているだけではなく、

床下に竹炭を敷き詰めるなど、他にも健康に優しい工夫がたくさんある住宅を

提供致しております。

喘息でお困りの方など建物で改善することもあります。

もし少しでも気になる方がいらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせください。

健康、耐震、耐久 空間 断熱 省エネ

住宅に必要な要素を兼ね備えた、夢ハウスの住宅を是非ご検討ください。

 

 

 

 

 

 

弊社は自然素材の家を提供いたします。

私たちは天然無垢材を使用し、

「耐震」「耐久」「健康」「空間」「断熱」「省エネ」

の6つの価値を追求いたします。



 

詳しくは下記のURLをご覧ください。

http://www.yume-h.com/shop/iwasaki/

 

将来のお金に対する不安のある方へ

ファイナンシャル・プランナーが資金計画のご相談に乗ります。

・今の家計でローンを払えるのか?

・子供がもう一人欲しいけど、大丈夫か?

・住宅の諸経費はいくらくらいかかるのか?

・子供の教育資金はどのくらいかかるのか?

など資金計画に悩み、住宅に関する計画を立てられないでいる方。

第三者機関の【住まいのFP相談室】

①資金計画の立案

②ライフプランニングシュミレーション

③住宅ローンの審査

④住宅ローンの実行

⑤繰上げ返済計画の立案・実行

以上の内容で一式、ファイナンシャルプラン業務として通常31,500円のところ、弊社を通してのご相談ですと、10,500円でご相談を承ります。

 夢のマイホーム計画に是非お役立てください。

 

 ※ファイナンシャルプランナーはお客様の資金計画のお手伝いをするだけですので、

無理に新築、リフォームなどを勧めるものではございません。

安心してご相談ください。

 

川奈分譲地 K邸

階段を作っています。

 

川奈分譲地 K邸 外壁張り

<< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >> 18ページ中7ページ目
お問い合わせフォームへ