静岡県伊東市の岩崎建設株式会社です。住宅建築、別荘建築、店舗建築、リフォーム、バリアフリー対策など岩崎建設におまかせください。

無垢材に関する話し ①

よく耳にするのは、天然無垢材は割れや反りが起こりやすいので、それに比べると集成材の方が強いという内容のものです。

それはある意味間違った解釈なんです。

(集成材とは薄くスライスした木の板を、接着剤で貼り合せたもの)

 

天然無垢材は、乾燥が不十分だと割れや反りが起こりやすくなりますが、含水率が20%未満になると、割れや反りは起こらなくなります。

夢ハウスの天然無垢材は独自の乾燥技術で含水率を15%にまで落としました。

 

大手ハウスメーカーの多くは構造躯体にも集成材を使用しています。

中には天然無垢材に比べて1.5倍の強度があると説明しているメーカーもありますが

それは無垢材の未乾燥材と比較してのことです。

天然無垢材は乾燥させるほど強度が増して、未乾燥材の2.5倍までに強くなります。

 

集成材には接着剤を使用し、夢ハウスの天然無垢材には全く使用していない。

 

その違いも夢ハウスが、【見せかけではない本物の健康住宅】である理由の一つです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<< 1 >> 1ページ中1ページ目
お問い合わせフォームへ